“奇跡の水” 謎の解明

水素水の専門サイト − なるほど元気倶楽部
“奇跡の水” 謎の解明
あなたは、あなたが住んでおられる地球上に、“奇跡の水”と呼ばれ、「病気を癒し、長寿の村をつくりだす不思議な力を持つ水」があることをご存知ですか?

その歴史は古く、最も有名なものは、今からおよそ150年前の1858年に、「神秘的な聖母のお告げにより発見された」と伝えられ、今ではカトリック最大の聖地となっているフランスの“ルルドの泉”です。
その“ルルドの泉”出現から、およそ140年の間、新たな“奇跡の水”は発見されませんでした。
ルルドの泉
ルルドの聖母像
パトリック・フラナガン博士 しかし、アメリカの天才科学者であるパトリック・フラナガン博士とその夫人は、世界的な長寿の村として有名なパキスタン領フンザ王国の長寿の秘密が、ヒマラヤ山脈からそこに流れ込む水に隠されていることを研究し、24年間にわたる研究成果を、1986年「不老の霊水(Elixir of the ageless)」として発表しました。

また、新たな“奇跡の水”として、
メキシコで“トラコテの水(1991年)”が、ドイツで“ノルデナウの水(1992年)”が、そして日本でも“日田天領水(1994年)”が、相次いで発見され、マスコミにも取り上げられて話題となりました。
“奇跡の水”の紹介ビデオ

これらの水には、「その水を飲み続けたところ、病を癒すことができた。」、「現代医学では治療できないと言われていた病気が治った。」など、いくつもの証言や治癒例が数多くあるのですが、
「なぜ、水で病が癒されるのか?」その謎が、学術的には説明できなかったため、「何か謎めいた神秘的な力を秘めているのだ。」と思われ、未だに“奇跡の水”と呼ばれています。

なぜ、水で病が癒されることを、人は神秘的な“奇跡”と感じるのでしょう?
もし、水が生体にもたらす本当の力が、医学的にも科学的にもすべて説明できるのであれば、
これらの水で病の症状が癒されることは、“奇跡”とは呼ばれないでしょう。

別の言い方をすると、生体における本当の水の力は、医学的にも科学的にも、まだまだ解明されていないことの方が多いが故に、水で病が癒されることが“奇跡”と呼ばれるということなのではないでしょうか?

これらの“病を癒し長寿の村をつくる水−奇跡の水”の話から、
解き明かされつつある水の神秘的な力を知っていただければと思います。
病を癒し長寿の村をつくる“奇跡の水” 発見の歴史
1858年 ルルドの泉 フランス − 聖母が告げた奇跡の水
1986年 フンザの水 パキスタン − 長寿の村をつくりだす不老の霊水
1991年 トラコテの水 メキシコ − 井戸から湧き出た奇跡の水
1992年 ノルデナウの水 ドイツ − 廃坑から湧き出た奇跡の水
1994年 日田天領水 日本 − 鰻養殖用の地下水が奇跡の水 
   

関連サイト

<ページトップへ>

メガハイドレート